初心な感じで風俗を満喫

新鮮な方が気持ちも違う

ベテランだったり、あるいはそれなりにキャリアを積んでいる風俗嬢も悪い存在ではないとは思いますけど、でも自分はそういった存在よりも新人風俗嬢の方が好きですね。だから風俗のホームページを見ても、新人なのかどうかはかなり重要視する部分なんですよ。そうじゃないと勿体ないというか、やっぱりそこはどうしても自分の好みの問題ですかね。新人の方が新鮮だし、それにまだまだ風俗の世界に染まっていない分、良い意味で「風俗嬢」になり切れていないじゃないですか。慣れと共に新鮮さも損なわれていってしまうんですけど、慣れていないからこそ面白い部分もたくさんあると思うんですよね。例えばですけど、風俗嬢との時間って自分が何を求めているのかによって満足度も変わってくるとは思いますけど、結局の所、自分自身次第な部分も大きいってことじゃないですか。慣れていてまるで「作業」のようにこなすよりも、一生懸命な新鮮な風俗嬢の方がいいかなって。

男としてたまには風俗へと

男として、たまには風俗に行くよう心掛けています(笑)仕事に追われていると、どうしてもなかなか風俗の時間を確保することが出来ないんですけど、それでも自分なりにいろんな形で楽しみたいって思っていますし、何より「男」の部分ですよね。この部分の気持ちを失ってしまったら、自分はあとは男としてではなく、人として時間の経過を待つだけになってしまうじゃないですか。でも日常生活では自分の男の部分を刺激してくれるような人はいないので、それなら自ら手を伸ばすなり、足を運ぶなりして男の部分を刺激してもらえるサービスを…となった時、白羽の矢が立ったのが風俗だったんですよね。風俗で遊ぶと、自分が男だったんだなってことに気付かされますし、改めてもっともっと楽しみたいなって気持ちにさせられるものなんですよ(笑)女の子との時間そのものもとっても楽しいんですけど、それ以上に男としての充実感ですよね。この気持ちは風俗だけでしか味わえませんよ。