初心な感じで風俗を満喫

根暗な自分でも風俗だけは好きです

根暗な自分なので、わいわい騒ぐような場所はあまり好きではないんです。水商売って、どちらかと言うとそっち側のノリじゃないですか。別に根暗でも楽しめるとは思いますけど、盛り上がっているのは「ウェーイ」みたいなノリの人じゃないですか。派手に遊んでいる人の方が女の子も一緒に…みたいな。だから水商売は自分のような根暗なタイプは足を運ばない方が無難なんじゃないかなって思うんですけど、風俗だけは大好きなんですよ(笑)だって風俗は個室で楽しむので、他のお客の存在なんて目に入りません。他のお客が何をしていようが、自分は自分だと割り切って楽しめるじゃないですか。だから根暗であっても特に問題なく楽しめると思いますよ。むしろ根暗な自分でも、どの風俗嬢も丁寧に接してくれるし、どうすれば楽しいかとか工夫もしてくれるんです。それが嬉しいのもあって、水商売の中では風俗が一番…というか、風俗以外にはあまり興味がないんですよね。

決意。それは守ります

風俗への決意は守りたいなって思っています。なぜなら、風俗って男にとってロマンそのものだからです。風俗へのロマンと情熱。それは尽きることはないなって自分でも思いますよね(笑)これに関しては趣味と言うよりもライフワークと言った方が正しいのかもしれません。それくらい風俗に対しては決意を持って遊んでいるという自負もあります。軽い気持ちで遊んでいるのではなく、自分の決意で遊んでいるんです。だからこそ、もっともっと楽しみたいという情熱も生まれますし、風俗への思いが尽きることはありません。むしろ風俗を楽しめば楽しむほどに、より新しいことに気付かされたりもするんですよ。さらには自分自身の風俗の経験値も蓄積されているからなのか、女の子との接し方とか、どんな話題が良いのかなども分かるようになってきました。だからこそ、これだけ楽しい時間を過ごすことが出来るのではないか。その思いから、風俗への決意は変わらないんですよね。